2021年3月25日(木)、福島県のJヴィレッジからグランドスタートした東京2020オリンピック聖火リレー。

新型コロナウイルス感染症対策のため関係者のみで実施されましたが、復興支援への感謝と福島の元気な姿を発信するため、福島県オープニングパフォーマンスの動画を配信します!

グランドスタートに華を添えたパフォーマンスを、ぜひご覧ください!

<出演団体>(※出演順)
① 相馬野馬追 標葉郷(しねはごう)騎馬会
  一千有余年の歴史を持つ相馬野馬追の武者が法螺貝(ほらがい)を吹奏しパフォーマンスがスタート。
② 會津田島太鼓保存会「白鼓(びゃっこ)」
  和太鼓の全国大会で好成績をおさめ、太鼓を通じて福島の元気を全国に発信している「白鼓」が勇壮な和太鼓を演奏。
③ ハワイアンズ・ダンシングチーム「フラガール」
  東日本大震災後「全国きずなキャラバン」を展開し、全国に笑顔を届けた「フラガール」によるパフォーマンス。
④ 福島県立福島西高等学校デザイン科学科
  東京2020オリンピックの機運醸成に取り組む高校生が、大会の成功や震災からの復興を願って制作した作品を披露。
⑤ マーチングバンド「Seeds+」
  震災と原発事故の苦難を乗り越えて活動している南相馬市のマーチングバンド「Seeds+」が、演奏を通じてたくさんの支援への感謝と福島の今を発信。