「復興の火」は復興オリンピックの趣旨を踏まえ、東京2020オリンピック聖火リレーのコンセプトである「Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。」に沿い、東京2020オリンピック聖火リレーの一環として実施されました。

 東日本大震災から10年目に、復興に力を尽くされている被災地の方々に、ギリシャで採火した聖火をリレーに先立ちご覧いただくため、2020年3月20日から25日までの間、宮城県、岩手県、福島県の順に各2日間展示されました。

 福島県では、福島市といわき市で展示を行い、3月24日には福島市 福島駅東口駅前広場で約3,000人、25日にはいわき市 アクアマリンパークで約3,600人の方にご覧いただきました。