平成28年11月2日(水曜日)に、県庁西庁舎前県民広場にて、「東京2020オリンピック・パラリンピックフラッグツアー」セレモニーが開催されました。
 セレモニーには、小池百合子東京都知事、丸川珠代オリ・パラ大臣、内堀雅雄知事のほか、フラッグツアーアンバサダーとして、ソウル五輪シンクロナイズドスイミング銅メダリストの小谷実可子さん、リオデジャネイロ五輪の自転車競技トラックオムニアムに出場した窪木一茂さん(古殿町出身)、アトランタ五輪女子バスケットボール日本代表の萩原美樹子さん(福島市出身)、車椅子バスケットボールでパラリンピックに4度出場し、シドニー大会では銅メダルを獲得した増子恵美さん(三春町出身)が参加されました。
 小池知事とアンバサダーの小谷さんから内堀知事へオリンピック・パラリンピックの受渡しのほか、出席者とセレモニーに参加した福島一小の子供たちとのフォトセッション等が行われました。
 福島県に届けられたフラッグは、11月11日(金曜日)まで県庁西庁舎2階で展示された後、県内各地でも展示されます。