東京都が中心となり、福島県、宮城県、岩手県の被災3県が協力して製作した「2020年。東京都と東北で会いましょう。」が世界に向けて配信開始となりました。
 本映像を通じて、世界中の多くの人々に「ふくしまの今」が伝わり、2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに1人でも多くの方々が福島県に足を運んでいただくことが、復興の加速化に繋がるものと期待しております。
 本映像は、今後8月6日から開催されるリオオリンピックやパラリンピックの場でも放映される予定となっております。
【タイトル】
 「2020年。東京と東北で会いましょう。」(日本語タイトル)
 「See you in Tokyo and Tohoku in 2020」(英語タイトル)
【映像種類】
 本編 3分15秒版(音声/日・英、字幕/日・英・仏・ポルトガル)
【映像リンク先】
 http://www.2020games.metro.tokyo.jp/taikaijyunbi/kanren/hisaiti/index.html