東京2020オリンピック・パラリンピックでは、福島県内でも様々なボランティアの活躍が期待されます。大会関連のボランティアは、東京2020大会組織委員会が募集する「大会ボランティア」と、競技会場が所在する自治体が募集する「都市ボランティア」があります。

福島県では、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、大会の顔として、選手をはじめとする大会関係者や観客の方々を「おもてなしの心」を持ってお迎えし、大会を盛り上げる重要な役割を担う「都市ボランティア」を募集します。

またとないこのオリンピック・パラリンピックを一緒に体感し、様々な人々と出会い絆を作るチャンスです。ぜひ、皆さんの参加をお待ちしております。

<都市ボランティア>
運営主体:開催自治体(福島県)
活動場所:駅周辺、会場周辺など
活動内容:交通案内、観光案内など
募集規模:後日発表
募集期間:2018年秋以降

※都市ボランティアに関する募集内容などの詳細は、今後お知らせいたします。

<大会ボランティア>
運営主体:大会組織委員会
活動場所:競技会場、選手村等の大会関係施設
活動内容:観客の案内・誘導、競技運営のサポート、メディアのサポートなど
募集規模:8万人
募集期間:2018年9月中旬~12月上旬
募集詳細リンク:https://tokyo2020.org/jp/get-involved/volunteer/about/