平成30年6月20日(水)、福島県太鼓連盟の皆様が内堀知事を表敬訪問されました。

高橋会長より、県内での東京2020大会の野球・ソフトボール競技開催に当たり、来県される世界中の皆さんを和太鼓の演奏で歓迎したいと決意を伝えられました。

知事からは、「これからの福島の復興再生を進めていくキーワードは『鼓舞』。太鼓を打ち鳴らし県民を元気づけて欲しい。」と激励の言葉を贈りました。

なお、福島県太鼓連盟は平成30年6月23日(土)に、あづま球場で開催される日米対抗ソフトボールの際にも演奏を行います。