2018年5月10日(木)、2020年東京オリンピック・パラリンピックにむけてラオスのホストタウンに登録された飯舘村にある飯舘中学校にて、全校生徒を対象として第1回メディアクリエーター講座が開催されました。

メディアクリエーター講座では、映像のプロである榎田竜路氏(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 経済・テクノロジー委員会委員、合同会社アースボイスプロジェクト代表社員)を講師に招き、ポスター製作ワークショップを行いました。

飯舘中学校では、昨年度も同講師を招きポスター制作ワークショップを行い様々な感性豊かなポスターを作成しました。そのポスターは実際にラオスの子供たちに届けられ、交流が生まれました!

今年度も数回にわたり本講座が開催される予定で、今回の第1回講座はストーリー性のある映像技術を学び、一人ひとりの探求活動や表現活動に生かすことを狙いとして開催され、今後生徒たちはラオスとの交流に向けポスター制作に励みます。

今年は一体どんなポスターが作られるのでしょうか!!
今からとても楽しみです!!